トップ製品紹介 ≫ 重量シャッター ≫ 袖扉連動防火防煙シャッター「オマオープン」 ≫

袖扉連動防火防煙シャッター「オマオープン」

国土交通大臣認定番号 CAS-0274 (片袖扉タイプ)
国土交通大臣認定番号 CAS-0402 (両袖扉タイプ)
国土交通大臣認定番号 CAS-0319 (複合防火設備)
国土交通大臣認定番号 CAS-0441 (バリアフリータイプ)
“実用新案登録 登録第3144361号”


防火・防煙性能と機能を持つ「袖扉(避難扉)連動シャッター:オマオープン」を採用することで、階段室・エスカレーター乗降口等の避難扉が必要な防火・防煙区画に、固定柱をなくした空間設計が可能になりました。

これにより、限られたスペースの有効利用と、より自由な空間デザインが可能になります。
※袖扉の収納状態からの回転角度は90°・180°の2種類から選択出来ます。

袖扉連動防火防煙シャッター「オマオープン」に「両袖扉タイプ」を新たに大臣認定取得。(既発売の製品を含め特許出願済、実用新案登録 登録第3144361号取得済)
発売済みの2タイプと合わせてより使いやすくなりました。

  通常時
  

  袖扉回転閉鎖中
  

  シャッター自動降下中
  




1.通常時
シャッターは、天井内に収納され、袖扉(避難扉付)は、戸袋に収納されています。

2.扉閉鎖
火災信号を受けると扉自動閉鎖装置が作動し、袖扉は回転閉鎖します。

3.シャッター閉鎖
袖扉閉鎖後、シャッター用自動閉鎖装置が作動し、開閉機のブレーキを開放しシャッターは自動自重降下します。

4.復旧
シャッターを押しボタンスイッチの操作により電動(または手動ハンドル操作)にて天井内に収納した後、袖扉の上部ロックを
はずし、袖扉を手で押し戸袋に収納します。




扉の回転部及びシャッターの降下ライン上に人や物がないことを確認の上、袖扉を閉鎖します。閉鎖確認後、押ボタンスイッチの開閉ボタンを押して下さい。シャッターが閉鎖します。

  製品仕様
用   途防煙防火(竪穴区画、異なる用途の区画) 方   式電動式(100V、200V、400V)、手動式
開 閉 機0.1kw、0.2kw、0.4kw、0.75kw 操   作3点式押釦スイッチ
手動操作ハンドル式、チェーン式 最大開口幅OS 4Fスラットで扉含め11m
連動機構煙感知器信号を受信すると扉の自動閉鎖装置が作動し扉が閉鎖します。閉鎖完了すると煙感知器信号はシャッターの自動閉鎖装置に送られてシャッターが閉鎖し区画を形成できます。シャッター・袖扉を開放すると固定柱を無く、スペースの有効利用が出来ます。
手動機構扉を手で引き出し閉鎖させ、押釦スイッチ又は電気式手動閉鎖装置の押釦スイッチを押すとシャッターが閉鎖します。


カテゴリー別製品一覧  機能別製品一覧

製品紹介
重量シャッター
軽量シャッター
耐火クロス製スクリーン
防煙たれ壁
大開口扉
製品一覧(機能別)
お客様の安心のために
保守点検 24時間お客様のシャッターを見守ります!
定期点検の流れ シャッターの定期点検を契約して安心