トップ会社概要 ≫ 沿革 ≫

沿革

大正13年
創業者小俣博司、田中鉄工所で防火シャッター製作に従事
昭和 5年
田中シャッターに改称
昭和 8年
合資会社に改組
昭和18年
戦時の為、同社解散
昭和20年
埼玉県与野市(現さいたま市)に小俣鉄工所を設立
昭和23年
4月28日、株式会社小俣製作所に改組
資本金500,000円
昭和25年
東京都北区東田端に東京支店及び工場を新設
昭和29年
建設業法による大臣登録
昭和32年
大阪市北区に大阪支店を開設
資本金5,000,000円に増資
昭和37年
名古屋市に支店を開設
昭和38年
本社を東京に移転
名称を小俣シャッター工業株式会社に改める
さいたま工場にロール工場増設
昭和42年
小俣博司が会長に、小俣茂が社長に就任
昭和43年
資本金45,000,000円に増資
与野市(現さいたま市)に工場を新築完成
昭和44年
本社に厚生施設棟を新築完成
昭和45年
資本金を100,000,000円に増資
横浜市に支店を開設
昭和47年
小俣博司、社団法人日本シヤッター工業会(現「社団法人日本シヤッター・ドア協会」
会長に就任
昭和50年
小俣博司、黄綬褒章を受章
昭和51年
財団法人日本建築センターで防煙・防火シャッターの遮煙性能について評定
昭和56年
小俣博司、勲5等双光旭日賞を受賞
財団法人日本建築センターで可動式防煙垂れ壁について評定
昭和58年
さいたま工場にスラットの自動機械化設備導入
昭和59年
複軸シャッターを開発、販売開始
昭和60年
財団法人日本建築センターで防煙・防火シャッター、防煙垂れ壁の性能について評定
昭和61年
さいたま工場に管理棟を新築完成
平成 7年
資本金を180,000,000円に増資
平成13年
本社・各支店・さいたま工場においてISO9001:2000認証取得
平成14年
小俣茂が会長に、小俣雅宏が社長に就任
平成15年
CAS-0070国土交通大臣認定取得
平成16年
シリカクロススクリーン「オマシートスクリーン」発売開始
平成17年
袖扉連動防火防煙シャッター「オマオープン」発売開始
平成18年
資本金を230,000,000円に増資
平成19年
本社及び東京拠点を東京都北区王子本町に移転
会社概要





製品紹介
重量シャッター
軽量シャッター
耐火クロス製スクリーン
防煙たれ壁
大開口扉
製品一覧(機能別)
お客様の安心のために
保守点検 24時間お客様のシャッターを見守ります!
定期点検の流れ シャッターの定期点検を契約して安心